Pierrot Le Fou

今日からあなたもアユミマニア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリガンちゃん

ごきげんよう。

夜は涼しくなり、一瞬センチメンタルになりかけます。
さて、長らく休止しておりました「月刊おんな」いよいよ再開でございます。

今回のお客様はCarey Mulliganさんでございます。




1985年5月28日生まれ、ロンドンっ子の27歳でございます。
身長は小柄に見え、実は170cmです。
家庭はザ・ロンドンともいえる、しっかりしたお家でございます。
お父様の仕事上、海外へ暮らす事もありました。
高校卒業後、大学の入試も決まっておりましたが役者への情熱がとまらず大学は辞退する事になりました。


「17歳の肖像」では清純な高校生を演じ、年上の恋人との出会いで人生いっぺん!


髪の毛をバッサリ切ってから彼女のかわいさが引き立ちました。





個人的にこんな髪型にしたいですが、ワカメちゃん・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/09/07(金) 16:35:05|
  2. 月刊おんな
  3. | コメント:0

HOLLY WESTON

ごきげんよう。

月刊シリーズをさておいて、本日眠りこけておりまして、
本日の目が開いている時間はわずか5時間。
こんな日もたまにはオーケー!

そんな話はさておいて、月刊といいますか、「年間おんな」の発行でございます。

今日のお客様はHOLLY WESTON




1985年イギリス生まれ
名門ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスにてバレエを専攻致しておりました。
女優でもあり、プロダンサーでモダンダンスやタップダンスも得意でございます。
The Chemical Brothersのミュージックビデオ「The Test」で皆様の印象にも残った事でしょう。




それからは国内のテレビドラマや、ケイトモスのボディダブルも演じた事もあります。

そして、一躍彼女を有名にしたのはマドンナが監督した「ワンダーラスト」でしょう。
わたくしも大好きなユージン・ハッツが主役でございます!!!
ゴーゴルボルデロも聞けます!




久しぶりの「月刊おんな」如何でしたでしょうか?

またいつの日かひょっこり現れる事でしょう。



では、ごきげんよう。
  1. 2011/06/18(土) 23:06:01|
  2. 月刊おんな
  3. | コメント:0

ミューズ


ごきげんよう。
不定期開催の「月刊おんな」でございます。

とうとう編集長に春がやって参りました。
めでたい春ではなく、残念な春ではありますが。

そう、言葉の間違いが半端ありません。
脳みそ動いていないという事なのですかね。
清水神社なんてありません。しかも、読みはしみずです。
3Gのなんて映画ありません。3Dです。
ウグイスしません。うたた寝です。

あまりの間違いにびっくりしてしまいました。
春ですね。
みなさま、今後もやさしく指摘お願い致します。


さてさて、皆様お久しぶり。
「月刊おんな」第二弾はZooey Deschanelさんでございます。




1980年1月17日生まれの30歳の168cmでございます。華の1980ですね。
出身はLAで映画カメラマンの父と女優の母の間に誕生しました。
お父様は映画「パッション」「ナチュラル」「チャンス」など大作を手がけております。
また、姉のエイミーも女優でございます。
「あの頃ペニー・レインと」では主人公の姉を出番としては少ないですが印象に残る可愛さで出演しました。

She & Himという名でM.Wardと一緒に音楽活動もしており、2枚のアルバムを出しています。
また、作詞は彼女がしています。


She & Him - Why Do You Let Me Stay Here

musichead | MySpace Music Videos


She & Him - In The Sun from Merge Records on Vimeo.







またダンスが得意な彼女は「500日のサマー」で共演したジョゼフ・ゴードンと映画のミュージックビデオを作りました。音楽はshe&himです。






いかがでしたか?
春という事で、やる気と裏腹に荒さも目立ちました、今回の「月刊おんな」。
次回も期待して頂けるとうれしいです。


  1. 2010/04/18(日) 17:42:13|
  2. 月刊おんな
  3. | コメント:0

Edie Sedgwick

皆様、今年もがんばります。
編集長でございます。

年末に、神頼みをして参りました。
今年こそ、、、今年こそ、良き恋に出会いがある事を心より願っております。
恋以外は良い出会いばかりなのですけど!!!!!!


さて、本日は「月刊おんな」初刊でございます。

わたしの長い間のミューズであり、アイコンでもあります方をご紹介致します。
Edie Sedwick様のお越しでございます。





Edie Sedwick1943年4月20日 - 1971年11月16日
主にアンディー・ウォーホールの元で女優、ファッションモデルをしておりました。
60年代を代表するファッションアイコンでございます。
生まれはサンタバーバラの由緒正しい名門セジウィック家の8人兄弟の7番目に産まれます。
芸術にとても興味があり、何より絵は画家を目指すほどでした。
しかし幼少期、家庭の問題が絶えず彼女自身も精神病棟で過ごす日も少なくはありませんでした。



小さい事から明るく、天真爛漫な彼女は産ま育った町を離れミューヨークに移ります。


そこでイーディーはパーティーで出会ったアンディーウォーホールの目にとまり、ファクトリーの一員になります。
輝かしい日々を過ごしますが、同時にドラッグに蝕まれてしまいました。

当時の恋人であったボブ・ディランと彼がよく思っていなかったアンディーウォーホールとはだんだん距離が出てくるようになりました。
アンディーウォーホールはニコというイーディーに変わる新たな「ファクトリーのミューズ」を見つけ、イーディーは次第にファクトリーから見放されてしまい、さらに彼女の中毒はひどくなります。


そして、彼女の最後のフィルムとなる「チャオ!マンハッタン」では
トップモデルから転落しドラッグに溺れる役を演じているのですが、実際は彼女の半生を描いた作品となっています。




「チャオ!マンハッタン」を撮り終えてから彼女はリハビリ精神病院に入院する事になります。
そこで出会ったマイケル・ポストと出会い結婚式をあげました。



彼と出会ってからドラッグを断とうとしますが、わずかその2年後に彼女は美術館で行われたファッションショーを見に行った際に、再びドラッグに手を出してしまい帰らぬ人となってしまいました。




より彼女の魅力を知りたい方は、シエナ・ミラー主演の「FACTORY GIRL」もございますが、
私が熱くお勧めするのは「チャオ!マンハッタン」でございます。



今回、初の「月刊おんな」でした。
月刊の文字を無視して、不定期でおおくりいたします!

デハ!チャオ!










  1. 2010/01/11(月) 00:37:53|
  2. 月刊おんな
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。