Pierrot Le Fou

今日からあなたもアユミマニア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エアーときめき


今日、泣ける映画について会社の人が話してたので思い出した!

泣きたい時、どんだけ悲しい映画みても途中で寝てしまったり、泣けないアタチ。


でもでーも、2年前のちょうどこのくらいの時期に、学校帰りに1人でいろいろな考えにふけながら観に行った映画。
涙で前が見えない+傷ついた心両手に、見終わった後座席と座席の間につまずいてスッポリ埋まっちゃった☆

知っている人は知っている、2年前のわたし。
ウエストとくれば涙し、星空に目がギラリ。

今となればポエムしか残らなかったぜ!青春、ああ青春。



そんなこんなで、周りに勧めに勧めた『ラースとその彼女



京都シネマで嗚咽はきながら、「なんでやねん」が止まらない。
今でも予告編観るだけで、目頭熱くなります。

でも感動映画っていう感じではないので、多分。
何人かの友達に勧めたけど、「感動したよ!泣いたよ!」って言葉は無かったし。

こんだけ勧めると、観る方も構えちゃうもんねー。
普通に観てたら、あまり感動しなさそうだし。
わたしの映画を見たTPOが整ってたのかしら~?


まあ、見て見なはれ。


スポンサーサイト
  1. 2010/01/28(木) 23:59:49|
  2. film
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。