Pierrot Le Fou

今日からあなたもアユミマニア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Drive

ごきげんよ。

さあ、観てます、観てます。
今日は「Drive」

監督はNicolas Winding Refn

ドライヴ [DVD]



こちら、カンヌ出品したときから目をつけておりました。
なんたって、予告編ほんとうにかっこいい。引き込まれます。
わたしが観た予告編はただライアンが車を運転してるだけってやつでした。音もなく、ただ運転してる。
日本公開のはナレーションとか入ったりテロップもあったりチープな感じになってましたが。
ね、海外向けと日本向けちゃいまっしゃろ??



で、観よう!と思ったけど、ストーリーを読むと思ってたのとちょっと違うなーって思って先延ばしに。
運び屋だけど、彼の私生活はあまり映さないのかなと思ってたのですが。
で、観るとまああああ!!!影の感じが最高です。
そしてストーリーも良い感じに期待を裏切られました。
これはわたしが思ってたストーリーと違ったという意味で。
序盤の音楽とかかっこいいです。光と影と音楽がすごくよく合ってます。

でもキャリーマリガンが出てきた頃からが裏切りの始まり。
おお、そういくのか!!!ってな。
音楽はまるで80年代のロマンスフィルム甘い感じのね。
で、だんだん進んで確信!
80年代のハードボイルドフィルムをオマージュしたとしか思えぬ作品でした。
スカッッとして本当にかっこいい。
無駄な要素が全然ないですな。
ライアンが・・・ゴズリングが大好きになったーーー!!!!!
ああ、かっこいいわぁ〜。ライアン。
観てて痛い痛いけど、タランティーノの痛さとは違う。
あれは何だろう・・・でもこの映画も良かった〜〜。

しかも、ジャケットのピンク文字でDriveってとこがまたいいのですよね!!!



  1. 2012/11/04(日) 17:00:42|
  2. film
  3. | コメント:0
<<やっとこさ | ホーム | メランコリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。