Pierrot Le Fou

今日からあなたもアユミマニア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリニャン

ごきげんよう。

先日、チュニジアにカバン出張の友人に誘われ三大蚤の市の一つのクリニャンクールに行ってきたーー!!!

ちょっと前までは歩いてたらタバコの火を服に当てられアタフタしてるうちにスリに合うとか・・・
パリに来てから友達にクリニャンクール蚤の市を誘うも怖いからと断られ・・・
1、2度一人で用事で行った時にはメトロ降りると子供が寄ってきたり・・・

そんな事もあり恐怖でクリニャンに降り立つも・・・・まあ大丈夫。
変な人はたくさんいるけど、カバンの蓋持ってれば・・まあ大丈夫。

いつもはオシャレなフランセ友人、その日はやたらラフーな。馴染む格好してました。
その理由はすぐに分かったのですが・・・。
なんせ、ガイドブックに載ってる蚤の市はオシャレーな物が売ってる・・そんな感じ。
でもね、ちょっとずれるとそこは無法地帯!!!!
やたら地面販売が増えるそこは・・・盗んだ物や拾った物を売ってるブラック販売!
時々パトカーが走ると一斉に店じまいが始まり、閉めるのが遅ければ警察に回収そしてそのまま一緒に連れてるゴミ収集車の中にドーン!
写真撮りたかったけど、ここで携帯なぞ出すと恐ろしい事になるので我慢!
故に写真が一切なーーーーーい!!!!!

その光景・・・おもしろーーーーーーい!!!!!!!
面白がるものでは無いのですが・・・でもその販売は大きいブランドのものが2ユーロだったり・・・
穴場っちゃあ穴場なのでしょうね。
しかし、それを知人にいうと「何故あそこ?!あんな恐ろしいところ!?」
と口を揃えていわれました。
くれぐれも外国人だけでは行かないようにしましょう!!!!

  1. 2014/03/22(土) 21:12:15|
  2. パリ生活
  3. | コメント:0
<<acid arab | ホーム | 農業祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。